パスフィットミニ

持ち物

「パスフィットミニ」はオススメ!軽量で高品質・高機能のパスポートケース

こんにちは、えーきちです。

今回も海外旅行に必須のアイテムを紹介していこうと思います。

LiberFlyer(リバーフライヤー)さんが開発した、海外旅行にあると便利なアイテムがこの「パスフィットミニ」です。

これは非常にコンパクトなパスポートケースで、前回紹介していたセキュリティポーチ「セキュリポ」よりもさらに持ち運びに優れている商品です。

※参考までにセキュリポは以下商品です。

海外旅行時には特に便利なアイテムなので、パスフィットミニに関しての特徴他社製品との違いについて紹介していきます。

パスフィットミニとは?

旅行製品を専門に手掛けるLiberFlyer(リバーフライヤー)さんが開発した、コンパクトなパスポートケース「パスフィットミニ」です。

製品開発には利用者の声を反映し、常に改良を重ねていく中でできた製品がこちらです。

実際にLiberFlyer(リバーフライヤー)さんが

顧客目線であなたの旅行を快適で安全にサポートする商品を届ける

を標榜している通り、旅行者の悩みやニーズを特徴に反映させた商品となっています。

具体的なパスフィットミニの特徴としては

パスフィットミニの特徴

    1. スキミング完全ブロック防磁素材を使用
    2. 完全防水 waterproof 3.0素材を採用
    3. 壊れにくいYKK製ファスナーを使用
    4. コンパクトなのに6ポケット搭載
    5. ジャケットの内ポケットにも入るサイズ

となっています。かなりこだわりを持って作られているのが分かります。

パスフィットミニの特徴や詳細

それでは、早速パスフィットミニの特徴や詳細を確認していきます。

まず全体的な写真はこのような感じです。

▼全体写真
パスフィットミニ全体
裏面はこのような感じ

▼裏面写真
裏面

使用している素材にもこだわりがあります。

【こだわりポイント①】完全防水 waterproof 3.0 ナイロン素材を採用突然雨が降ってきても、パスポートやお札などの紙類が濡れるのを防ぎます。

特徴の一つが「防水性素材を採用していること」になります。他のパスポートケースの場合、そこまでこだわらないケースも多くあります。

続いては各ポケットを見ていきます。
パスフィットミニはポケットが全部で6か所付いているので、ぞれぞれの特徴と収納可能物の確認を行います。

表ポケット

表ポケット
ここは透明のチャックなしのポケットとなっており、すぐに取り出すものを入れておくのがベストなポケットとなっています。

ポケットサイズはカードサイズなので、貴重品を除くカード類を入れるなどの活用になるのではないでしょうか。

参考までにカードを収納してみます。

表ポケット

カード収納後

※カードサイズはクレジットカードと同様です。

このように、このポケットではカード1枚の収納が限界なので、よく使うカードを入れておくと良いでしょう。ホテルのルームキー(カード)などを入れておくと便利だと思います。

左右のポケット

左右ポケット
こちらは左右に付いているポケットです。

両サイドにはYKK製のファスナーが採用されており、パスフィットミニの特徴の一つがここに反映されています。

【こだわりポイント②】YKK製ファスナー採用従来ファスナーの「ファスナーが詰まる」「壊れやすい」などの声を反映し、開閉がスムーズなYKK製ファスナーを採用

さらに特筆すべき点は、それぞれのポケットが独立していること

【こだわりポイント③】独立ポケット設計通常の両サイドポケットのケースやバッグの欠点「そもそもファスナーが付いていない」「中が繋がっている」を解消。

ユーザーの不満点にも挙げられることがある上記の欠点を改善したのがパスフィットミニの両サイドポケットです。

収納面積も広く、クレジットカードなどのカード類がそれぞれ10枚以上収納できる面積があります。
もちろん、お札やコインもここに入れておくことができます。

メインのメッシュダブルポケット

メインポケット
ここがメインポケットになっています。中はメッシュ素材の仕切り一枚で分けられています。

航空券やパスポートはここに収納していく形となります。※もちろんお札も収納可能です。

以下は航空券とパスポートを縦に入れた時のサイズ感です。

パスポート

パスポートを縦向きに入れた場合

航空券

航空券を縦向きに入れた場合

いずれも縦向きだと入りきりません

パスポートの場合は、横向きに入れるとジャストサイズで入ります。

パスポート

パスポートを横向きに入れた場合

航空券を入れる場合は折りたたんで入れることになります。

メインポケットにもパスフィットミニのこだわりが施されています。

【こだわりポイント④】スキミング完全ブロック防磁素材採用外部からの磁波をブロックする、高品質RFID素材を採用しているため、スキミングからパスポートやカードの個人情報を守ることができます。

メインポケットにパスポートやカード類を入れておけば、個人情報の流出は問題なく防げますね。

裏メッシュポケット

裏面
裏メッシュポケットも裏面全体がメッシュになっているので、汗をかいても蒸れにくい設計になっています。もちろん収納力も十分にあるので、小物や航空券、パスポートなども入ります。

ちなみにパスポートの場合は横向きに入れるとジャストサイズで入ります。

パスポート

パスポートを横向きに入れた場合

収納力もあり、パスポート以外にも物が入りそうだったので入れてみました。

パスポート以外の収納

パスポートとペン2本

パスポートペンを2本です。
それ以外にも小物は入りそうでしたが、ペン3本入れるのは少しきついかなという印象です。

他社製品との比較

続いては、パスフィットミニと他社製品との違いを見ていきます。

比較対象はAmazonでベストセラーを取っている1商品とAmazonのオススメポーチ2種類を比較対象として、4つを比べてみました。

他社製品との比較

 A社B社C社パスフィットミニ
料金¥1,980¥1,343¥1,558¥1,598
本体サイズ縦幅:22cm
横幅:13cm
縦幅:22.5cm
横幅:12cm
縦幅:18.5cm
横幅:15cm
縦幅:14cm
横幅:11.5cm
重量125g140g80g50g
ポケット数14ポケット13ポケット7ポケット6ポケット
スキミング対策ありありありあり
防水素材防水ナイロンなしなし防水ナイロン
ファスナー工夫なしなしなしYKK製採用
カスタマー評価5 (23件)4.2 (237件)4.7 (112件)4.6 (59件)

※表の各数値は2019年5月現在

見て頂くと料金感は他社も同じですが、製品の特徴は大きく異なります

A社、B社に関してはポケット数が圧倒的に多いですが、クラッチバッグのような製品となります。
さらに重量もパスフィットミニの2~3倍程あるので、服内に隠しておくという用途を考えると、少々重くかさばる可能性があります。

その他の特徴に関してまとめていくと、まずスキミング対策はいずれの製品にも付いています
パスポートケースにおいては、もはやスキミング対策は当たり前に付いていますので、ここでは差別化になりません。

パスポートケースにスキミング対策のみを求める方には、より安いスキミング対策付のパスケースがオススメです。

防水加工やファスナーに関しては、パスフィットミニにのみ全て付いている事が分かります。

収納面では他社に劣る部分がありますが、「最低限の貴重品を運ぶ」という面では一番優れている製品かと思います。

ですので、使用用途によって選ぶ製品を分けるとすれば

【パスフィットミニ】:最低限の貴重品だけ、コンパクトに安全に持ち運びたい方向け
【その他製品】:貴重品に加え、ケータイなどいつも持ち運ぶものもまとめて収納したい方向け

という目的別で選ぶのが良いかと思います。

パスフィットミニの口コミ

実際の利用者がどのような感想を持っているのか、Amazonの口コミを見ていきます。

肯定的な評価

薄くて、軽い、でも、ポケットいっぱいで、独立してるしこれは使い勝手がいいです!!

思った以上に小さくて薄いです。でも、それが服の下などでぶら下げても人に見つからず良いと思いました。

チャックポケットが左右で分かれているのも、日本円と外貨を分けて収納でき使いやすかったです。

糸のほつれがなくて素材も思ったより質がよかったです。お値段以上にいいお買い物でした!

とても軽くて、薄いし、旅中毎日首にかけても全く気になりませんでした。カードも現金、パスポート全部バッチリ入ります

などなど。
全体的な評価の傾向としては「必要最低限の貴重品(パスポート、航空券、お金、鍵など)を入れて、かさばらなく取り出しやすい点」が評価されているように思えます。

旅行中、これらの貴重品を毎日持ち歩くとなると、体に負担なく安全に持ち運びができるのは大きな強みですね。

口コミの中で、「実際にスリにあったがパスフィットミニ内の貴重品は無事だった」という口コミも見られます。

また、「貴重品は一括管理せずに、分けて分散したい方には非常にオススメ」とコメントしたユーザーに関しては、今まで試した首下げパスポートケースの中でNo.1と評価しています。

否定的な評価

小銭を取り出しやすい構造が欲しかった。

ちっちゃ…私の思い違いか?これパスポートしか入らんし!子供の財布サイズやで

パスポート入ります。ぴったりです。ちょっと入れにくい

などなど。主な要望は小銭が出し入れしやすい構造パスポートの入れやすい構造ですかね。

これは人によって感じ方が異なるかと思います。
私個人としてもメインポケットにパスポートを入れる場合は、パスポートが横向きでジャストサイズなので、頻繁に出し入れするには少々取り出しづらいかなと思います。

個人的な感想

個人的には、非常に優れた製品かと思います。

私自身が持ち歩く貴重品の中でも絶対に取られてはならない物(パスポートやカードなど)は別で管理したいと思う方なので、これらの貴重品をかさばらず安全に持ち運び出来るのは非常に魅力的でした。

あとは、パスフィットミニには90日の返品・返金保証があること。
未開封、開封済み、使用済みに関係なく90日以内であれば、全額返金保証が付きます。

これは製品に自信がないとできないことですよね。
ちなみに比較した他社の場合、返品交換保証はありますが、90日間も使用済みでも返金受付をしている製品はありませんでした

ですので試しに使ってみて、「イメージと違う」「使いづらい」などの不満があれば90日以内に無償で返品することが可能です。

これを推奨する訳ではないですが、こういった内容の保証は購入に際してのリスクヘッジにもなりますし、これだけの保証内容を出せるという強みはパスフィットミニへの信用になりますよね。

ですので、パスフィットミニは個人的には非常にオススメです。

ピックアップ記事

  1. 【完全保存版】バンコク観光!現地人もオススメの5選
  2. バリ島の世界遺産を巡る旅4選+1【保存版】

関連記事

  1. canada

    カナダ

    カナダの携帯の周波数って?【カナダ向けスマホ紹介】

    どうもこんにちは、えーきちです。最近、携帯関連の記事ばかり書い…

  2. 携帯

    カナダ

    カナダ留学で携帯ってどうするの?【一連の流れ】

    こんにちは、えーきちです。これからカナダへ留学へ行かれる方へ、…

  3. オスプレー

    持ち物

    オスプレーのファーポイント55が旅行用リュックには万全

    こんにちは、えーきちです。「旅行用リュックはどうすべきなのか?…

  4. 一時帰国WiFi

    WiFi

    短期の一時帰国ならレンタルWiFiがオススメ!

    こんにちは、えーきちです。今回は海外から日本への「一時帰国者」…

  5. simカード

    SIM

    SIMの確認方法およびロック解除について

    こんにちは、えーきちです。「今使っている携帯って海外で使えるの…

  6. DESIGN SETTA SANGO

    持ち物

    サンダルに代わるトレンド?おしゃれ雪駄「DESIGN SETTA SANGO」がかわいい!

    こんにちは、えーきちです。今回は奈良県三郷町発の今注目の雪駄「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. メキシコのあらゆる情報の都市別まとめ 
  2. カンクンツアーを徹底比較!オススメツアーは?【現地ツアー情報…
  3. 世界遺産の街・グアナファトの絶対抑えたい情報総まとめ
  4. テオティワカン完全攻略【保存版】
  5. 【最安値プランはこれ!】カナダへ格安で行くには?
  1. カンクン情報総まとめ

    カンクン

    カンクンの情報総まとめ
  2. リーガロイヤルホテル京都

    京都

    リーガロイヤルホテル京都で宿泊のススメ
  3. チチェンイッツァ観光情報まとめ

    カンクン

    チチェンイッツァ観光情報まとめ【徹底解説】
  4. 京都タワーがアツい

    京都

    「京都タワー」が今アツい!見て食べて癒される魅力あり!
  5. しゃべりたいだけ

    SIMを契約したんだけども…【ただの雑談③】
PAGE TOP