国内WiFi

【2021年】WiFiレンタルどっとこむってどうなの?他社との比較を交えて徹底解説

【2021年】WiFiレンタルどっとこむってどうなの?他社との比較を交えて徹底解説

https://flying-traveler.com

こんにちは、えーきちです。

 

悩む人
WiFiレンタルどっとこむってよく聞くけどどうなの?他と何が違うの?

 

こんな内容にお答えしていきます。

 

この記事で分かる事

  1. WiFiレンタルどっとこむの概要や評判が分かる
  2. WiFiレンタルどっとこむの特徴やメリット・デメリットが分かる
  3. 他のレンタルWiFiサービスとの料金の違いが分かる【比較】
  4. オススメの機種や申し込み方法が分かる

となっています。

 

入院や引っ越しの一時利用、テレワークでの利用などでWiFiのレンタルを検討した時によく聞くのが、「WiFiレンタルどっとこむ」

 

「実際はどうなの?」ということで、本記事ではWiFiレンタルどっとこむに関して、上記内容をまとめてみました。

読み終えた時にはWiFiレンタルどっとこむを完全に理解して、他と比較できるようになりますよ。

 

それでは、早速見ていきましょう!

目次

WiFiレンタルどっとこむの概要

WiFiレンタルどっとこむの概要と特徴

 

WiFiレンタルどっとこむは短期の国内向けレンタルWiFiサービスの最大手の一つです。

知名度・人気ともに高く、国内最大級の利用実績があります。

 

そんなWiFiレンタルどっとこむの特徴は以下です。

WiFiレンタルどっとこむの特徴

  • 国内WiFiレンタル3年連続NO.1
  • グループ利用者合計1500万人突破

※2020年12月東京商工会調べによる、国内用WiFiレンタルのべユーザー数の数値

国内用レンタルWiFiとしては、ファーストチョイスに挙げられる印象が強く、あらゆるニーズに応えます。

  • 海外からの一時帰国
  • 入院時の利用
  • 引っ越し先での一時利用
  • テレワーク利用
  • 法人でレンタル

数多くあるレンタルWiFiサービスの中で、どれが良いのか迷うなら、ここを選んで間違いないと言えるサービスです。

 

 

WiFiレンタルどっとこむの評判に関して

WiFiレンタルどっとこむに関しての評判

 

続いてはWiFiレンタルどっとこむ利用者の評判を確認してみます。

 

良い評判

 

 

まずは、WiFiレンタルどっとこむのルーター(ただしくは運営元の株式会社ビジョンのルーター)が、大阪府のオンライン授業用のモバイルルーターとして採用されたということ。

府の事業に採用されるという事は、過去の実績や信用がないとなし得ないことですので、この事実だけでもWiFiレンタルどっとこむの評価が高いことが伺えます。

 

その他にも

  • 価格も手が出しやすい
  • 延長や返却が分かりやすい

 

といった、レンタルWiFiを初めて利用する方には優しい特徴が良い評判となっています。

 

>>Wifiレンタルどっとこむを見る

 

悪い評判

 

 

上記以外にもありますが、悪い評判のほとんどが通信制限に関してとなっています。

 

実は昨年、某有名レンタルWiFiサービスが、提供していた無制限プランを突然終了して大炎上した一件がありました。

このサービスに限らず、昨今のパンデミックでテレワーク需要が増えた結果、データ容量がパンクするサービスは後を絶ちません。

WiFiレンタルどっとこむの通信制限も同じことが言えます。

 

そのため現在では、WiFiレンタルどっとこむを含むほとんどのサービスが、データ無制限でも何かしらの通信制限を設けているのが主流です。「1日〇GBまたは月間〇GBで制限~」はデータ無制限プランの大前提となっています。

 

WiFiレンタルどっとこむでも、無制限データの制限に関する情報は分かりやすく明記されています。

無制限端末

データ無制限端末

注意書き表示

注意書きに制限内容が明示

 

データ無制限でも、あらかじめ制限される内容を確認しておきましょう。

 

ちなみに限りなく無制限に近いサービスを求めるなら、今すぐ「グローバルモバイル」を申し込みましょう。1日の制限はなく、月間250GB以上の利用で通信制限がかかります。

 

ここまで条件が良いサービスは他にないので、いつ在庫切れになってもおかしくありません。

>>グローバルモバイルを見てみる

 

 

WiFiレンタルどっとこむのメリット8つ

WiFiレンタルどっとこむのメリット9つ

 

続いてWiFiレンタルどっとこむのメリットを解説していきます。

 

主に8点のメリットがあります。

  1. レンタル端末の種類が豊富(業界内最大級)
  2. 受け取り・返却方法が豊富(返却はポスト可能)
  3. 国内11空港で受け取れるため、帰国後すぐ空港で使える
  4. 最短1日からレンタル可能
  5. 海外でも利用できる端末あり
  6. 利用料金も業界内で最安級(一日あたり数十円で借りれるプランも)
  7. 延長したくなった場合は申告不要で、自動的に延長可能
  8. 専用コールセンターを設置してるので、サポートは安心

それでは一つずつ見ていきます。

 

メリット①:レンタル端末の種類が豊富(業界内最大級)

まず最初のメリットはレンタル端末の種類が豊富な点です。

WiFiレンタルどっとこむ Fon-rental wifi どこでもネット WiFiレンタル本舗
端末種類 14種 4種 9種 3種

 

WiFiレンタルどっとこむは他社サービスと比較して、豊富なラインナップを用意しています。

レンタル端末の機種にこだわる方や、通信回線にこだわる場合などは、WiFiレンタルどっとこむでは気に入る端末を見つけられる可能性が高いです。

 

また機種の多さに比例してデータ容量のプラン種類も豊富なので、自分に合ったプランを見つけやすいのもWiFiレンタルどっとこむのメリットと言えます。

 

メリット②:受け取り・返却方法が豊富(返却はポスト可能)

WiFiレンタルどっとこむは受け取り・返却補法の種類が豊富です。

WiFiレンタルどっとこむ Glonal Mobile 88mobile WiFiレンタル屋さん
受取方法 宅配受取り
空港受取り
コンビニ受取り
営業所受取り
宅配受取り
空港受取り
宅配受取り
空港受取り
宅配受取り
空港受取り
返却方法 宅配返却
空港返却
ポスト返却
郵便返却
ポスト返却
郵便返却
ポスト返却
郵便返却
ポスト返却

 

多くのWiFiレンタルサービスでは空港・宅配受け取り/ポスト返却がメインです。

WiFiレンタルどっとこむでは、それらに加えてコンビニや営業所で直接受け取りが可能です。

 

特に営業所受け取りは、申し込み当日に受け取りに行けるので、急なWiFi申し込みにも対応できる点がメリットと言えます。

ただし営業所は新宿なので、利用出来る方は限られてしまいそうです。

 

メリット③:国内10空港で受け取れるため、帰国後すぐ空港で使える

WiFiレンタルどっとこむでは、全国10の空港で受け取りができるため、一時帰国の利用にも便利です。

WiFiレンタルどっとこむ モバイルレンタルWiFi WifiレンタルJapan TRE mobile rental
対応空港数 10空港 3空港 7空港 なし

 

一時帰国時の利用でも、全国10空港で受け取れるのがWiFiレンタルどっとこむの特徴です。

以下の空港で受け取りが可能です。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 中部空港
  • 福岡空港
  • 新千歳空港
  • 那覇空港
  • 小松空港
  • 仙台空港

空港受け取りに対応しているサービスは多いですが、地方空港まで対応しているサービスは多くありません。

また空港で受け取った後は、その場ですぐに使うことができます。

 

メリット④:最短1日からレンタル可能

WiFiレンタルどっとこむでは、最短1日からレンタルが可能です。

ですので月末の携帯の容量切れや、急な出張などでの超短期の利用にも向いています。

 

他社サービスでも1日からレンタル可能なサービスはありますが、WiFiレンタルどっとこむは機種数が豊富なぶん様々な機種を選択できるので、使い勝手は良いと言えます。

最低レンタル日数が決まっているサービスでは「1週間以上~」なんてこともありますので、注意が必要です。

 

メリット⑤:海外でも利用できる端末あり

WiFiレンタルどっとこむでは海外でも使える端末のレンタルもできます。

 

WiFiをレンタル中に海外への旅行や出張などがある場合は、海外対応モバイルルーター「GlocalMe」をレンタルすればOKです。

簡単な設定をするだけで、世界100ヶ国以上の地域で利用できるようになります。

 

最初から海外のみで利用する場合は、以下記事をご覧ください。地域別に最安のレンタルWiFiがまとまっています。

 

メリット⑥:利用料金も業界内で最安級

WiFiレンタルどっとこむの料金は、業界内でも最安級の安さを誇ります。

下記はレンタル料金の一例になります。

601HW(無制限) GlocalMe FS030W
1日料金 440円 495円 1,320円
1ヶ月料金 6,600円 7,425円 3,960円

※表示額は2021年2月時点の税込価格です。
上記は一例ですが、非常に安価な料金でレンタルできるのがWiFiレンタルどっとこむのメリットです。

 

安い機種だと、1ヶ月レンタルした時の料金が1日約100円ほどになることもあります。

他社サービスと比べてどれほど安いのかは、後に「料金比較」の項目でまとめますので、そちらもご参照ください。

 

メリット⑦:延長したくなった場合は申告不要で、自動的に延長可能

WiFiレンタルどっとこむでは、レンタルの自動延長が可能です。

 

他社サービスではレンタルの延長を行うのに、終了数日前までの延長申し込みが必要になることが多いです。

延長を行うケースは直前に延長が必要になったなどの「緊急性が高い場合」が多く、延長申し込み期限がある場合は延長が難しくなります。

 

その点、延長が自動で可能というのはかなりのメリットになる点でしょう。

レンタル日数が定まっていない場合などは、確実にWiFiレンタルどっとこむを選ぶのが良いです。

 

ちなみに自動延長を行っているサービスはWiFiレンタルどっとこむの他2社のみです。

 

メリット⑧:専用コールセンターを設置してるので、サポートは安心

WiFiレンタルどっとこむではコールセンターを設置しています。

 

申し込み前や申込後のトラブルや操作に関してなど、分からないことが電話で確認できるのがメリットです。

 

サポートセンターの営業時間はは9:00~19:00までです。

【お問合せ】

0120-474-235

【海外からかける場合】

050-5893-8021

 

以上がWiFiレンタルどっとこむのメリット8点つになります。

 

続いてデメリットも確認してきます。

 

 

WiFiレンタルどっとこむのデメリット3つ

WiFiレンタルどっとこむのデメリット3つ

 

続いてWiFiレンタルどっとこむのデメリットを解説していきます。

主に3点のデメリットがあります。

 

  1. 支払いはクレジットカードのみ
  2. 申し込みはオンラインのみ
  3. 長期利用には向かない

それでは一つずつ見ていきます。

 

デメリット①:支払いはクレジットカードのみ

WiFiレンタルどっとこむのデメリットの一つ目は「支払いはクレジットのみ」という点です。

 

現状ではほとんどのWiFiレンタルサービスがクレジットのみとなっています。(8.5割ほど)

※法人での申し込みの場合はクレジット+銀行振込が使えます。

 

もし個人利用で、クレジットカード以外での支払いを希望する場合は「Mobile Peace」を利用しましょう。

こちらは個人利用で銀行振込でレンタルできる恐らく唯一の国内用レンタルWiFiです。

 

それ以外は店頭で申し込めるWiFiをレンタルするのが良いでしょう。店頭でレンタル可能なサービスは以下の記事内にまとめています。

 

デメリット②:申し込みはオンラインのみ

WiFiレンタルどっとこむのデメリットの二つ目は「申し込みはオンラインのみ」という点です。

 

こちらもほとんどのWiFiレンタルサービスがオンラインのみとなっています。(8.5割ほど)

※法人での申し込みの場合は別。

 

オンライン申し込みが難しい場合は、同様に店舗でのレンタルがオススメです。

一部、電話で申し込みができるレンタルWiFiサービスもありますが、料金が高いのでここではオススメしません

 

店舗レンタルの可能なサービスは同様にこちらのリンクをご確認ください。

 

デメリット③:長期利用には向かない

最後のデメリットは「長期利用には向かない」という点です。

以下、長期レンタル料金の一例です。

WiFiレンタルどっとこむ STAR WiFi(長期向き) MUGEN WiFi(長期向き) クラウドWiFi(長期向き)
2ヶ月 12,757円 13,134円 11,380円 10,736円
半年 38,233円 30,646円 27,540円 25,608円
1年 76,447円 56,914円 51,780円 47,916円

※データ無制限or100GB以上/月の最安機種での比較
※表示額は2021年2月時点の税込価格です。

 

期間順にそれぞれの料金を見ていくと、長期になるほど長期向きWiFiと料金差が広がっていくのが分かると思います。

WiFiレンタルどっとこむに限らず、短期レンタル用WiFi(最短〇日~レンタル可能なサービス)は、全て長期利用には不向きです。

 

その分、短期レンタルは契約期間の縛りや契約解除費用などは発生しないので、気軽にレンタルできるのがメリットと言えます。

 

以上がWiFiレンタルどっとこむのデメリット3点となります。

 

続いては、他社サービスとの料金を比較していきます。

 

 

他社サービスとの料金比較

他社サービスとの料金比較

 

続いては、他社サービスとの料金比較をしてみます。

 

条件として以下内容で比較していきます。

データ最大容量プランの月額料金の比較

 

これは無制限プランを用意していないサービス会社もあるためです。

 

それでは早速見てみましょう。

WiFiレンタルどっとこむ グローバルモバイル TRE mobile RENTAL モバイルレンタルWiFi Wi-Fiチャンネル Mobile Peace NEXTAGE Fon rental wifi 88Mobile どこでもネット WiFiレンタルJAPAN e-ca(イーカ) WiFiレンタル本舗 Wi-Fiレンタル屋さん
WiFiレンタルどっとこむ グローバルモバイル TREmobile モバイルレンタルWiFi WiFiチャンネル Mobilepeace nextage fon rental 88モバイルロゴ どこでもネット WiFiレンタルJAPAN e-ca WiFiレンタル本舗 WiFiレンタル屋さん
容量 無制限 無制限 - 60GB 50GB 90GB 無制限 90GB 無制限 無制限 100GB 無制限 無制限 100GB
料金 ¥6,600 ¥6,000 - ¥6,400 ¥8,800 ¥8,525 ¥7,480 ¥7,000 ¥7,200 ¥8,635 ¥7,450 ¥6,600 ¥6,450 ¥8,850
送料 ¥550 ¥1,100 - ¥0 ¥1,320 ¥0 ¥1,100 ¥0 ¥1,100 ¥1,200 ¥990 ¥550 ¥1,100 ¥1,100
総額 ¥7,150 ¥7,100 - ¥6,400 ¥10,032 ¥8,525 ¥8,580 ¥7,000 ¥8,300 ¥9,835 ¥8,440 ¥7,150 ¥7,550 ¥9,950
備考 1日1G制限あり なし - 1日2G制限あり なし 1日3G制限あり 1日3G制限あり 1日3G制限あり 10GB/3日で制限 10GB/3日で制限 なし 1日1G制限あり 3日10G制限あり なし

※表示額は2021年2月時点の税込価格です。

このようになります。

今回は各社の60GB~無制限までのプラン料金の比較になりました。

 

WiFiレンタルどっとこむは全体で4番目に安い料金となります。

【安さ順】

1位:モバイルレンタルWiFi(60GB):6,400円

2位:Fon rental wifi(90GB):7,000円

3位:グローバルモバイル(無制限):7,100円

4位:Wifiレンタルどっとこむ(無制限):7,150円

 

データ無制限WiFiで比較すれば2番目に安い料金となります。

 

しかし1点気になるのがWiFiレンタルどっとこむの「1日1Gのデータ制限」です。

これは1日1GB以上の通信を行うと速度制限がかかる可能性があることを表していますが、他社サービスよりも制限が早いのです。

 

他の無制限WiFiもグローバルモバイル以外は容量制限があります。この懸念点を考えれば、7,100円/月(無制限)で1日の容量制限がない「グローバルモバイル」が最強です。

料金と容量を重視して決めるならグローバルモバイルの一択でしょう。

 

>>グローバルモバイルを見る

 

それ以外に、自分好みの端末を選びたい場合や、自動延長、コールセンターのサポートなども重視する場合は、WiFiレンタルどっとこむをおすすめできます。

 

 

WiFiレンタルどっとこむのオススメ端末

WiFiレンタルどっとこむのオススメ端末

 

WiFiレンタルどっとこむでレンタルする場合に、オススメの端末を紹介します。

おすすめは以下4項目ごとの紹介です。

  • 「とにかく安さ重視」の場合のおすすめ
  • 「通信サクサク重視」の場合のおすすめ
  • 「電池の持ち重視」の場合のおすすめ
  • 「海外でも使いたい」場合のおすすめ

 

「とにかく安さ重視」の場合のおすすめ端末

SoftBank 601HW(無制限)

SoftBank 601HW(無制限)

 

安さを重視するなら、データ無制限でありつつレンタル人気度No.1のSoftBank 601HW(無制限)がおすすめです。

1日単位のレンタル料金がWiFiレンタルどっとこむ内で最安の440円(税込)となっています。

 

以下は1日単位での料金表です。

利用日数 1日 3日 7日 15~31日 32日以降
レンタル料金 440円 1,320円 3,080円 6,600円 212円※1

表示額は2021年2月時点の税込価格です。
※1:32日以降の1日あたりの料金です。

 

安さ重視でも1日1Gでは足りないという場合は、「SoftBank T6 」が次いでオススメです。

料金が495円(税込)/日1日5Gまで使えるデータ無制限WiFiです。

 

こちらも安くて人気が高い端末なので、どちらを選んでも良いでしょう。

 

 

「通信サクサク重視」の場合のおすすめ

WiMAX W06 無制限

WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W06

 

サクサク通信できることを重視するなら、WiFiレンタルどっとこむで1番速いのは「WiMAX W06」です。

 

速度としては通常時558Mbps 有線接続時には最大1.23Gbpsとなっています。(1,000Mbps=1Gbps)

これは光回線並みの早さなので、ポケットWiFiとしての能力値を越えた異次元の速さと言えます。

 

もちろん理論上の最高速なので、この速さが保証されているわけではないですが、他の端末よりは安定的にサクサクの通信が可能です。

ちなみに通信速度としては「~100Mbps」あればゲーム、WEB閲覧、LINE、高画質動画視聴、その他ほぼ全てのことがサクサク通信できます。

 

なので本端末がどれほど速いかが分かると思います。

 

 

「電池の持ち重視」の場合のおすすめ

WiMAX WX06 無制限

WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX06

 

電池の持ちを重視するなら、WiFiレンタルどっとこむで1番長持ちするのは「WiMAX WX06」です。

 

WX06は連続通信時間がおよそ14時間ですので、ほぼ2日ほど充電なしで使うことができます。

WX06は2020年に発売された最新機種で、連続通信時間は他を寄せ付けないほど圧倒的に長持ちします。他のポケットWiFiも含めて14時間以上連続通信できる機種はこれだけです。

 

通信速度が速いW06と比較されることが多い本機種ですが、WX06もそこそこ通信速度は速いので、総合的に良い機種だとも言えます。

とにかく電池の持ち重視で選ぶ場合には、WX06で決まりです。

 

 

「海外でも使いたい」場合のおすすめ

GlocalMe 無制限

SoftBank GlocalMe

 

海外でも使いたい場合は「GlocalMe」の一択です。これ以外の端末は海外利用ができません。

 

海外での料金は1日単位で2段階制になっており、~500MB/日まで使用した場合と500MB~1GB/日まで使用した場合で料金が変わります。

 

料金はアジア圏で~500MBまで670円/日、500~1GBまで970円/日となります。

その他は地域によって料金が異なりますので、詳しくはWifiレンタルどっとこむのページでご確認ください。

 

 

 

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法(手順)の解説

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法

 

WiFiレンタルどっとこむの申し込み手順を解説していきます。

 

以下手順に沿っていけば3~4分で申し込みが完了しますよ。

STEP1:端末および期間・受け取り返却方法の選択

STEP2:お客様情報&カード情報の入力

 

順番に解説していきますので、まずはWifiレンタルどっとこむへ飛びましょう。

 

>>Wifiレンタルどっとこむ

 

step
1
端末および期間・受け取り返却方法の選択

まずはTOPページ右上の「お申し込み」をクリックします。

お申し込みをクリックする

お申し込みをクリックする

 

そうしたら端末選択の画面に移ります。

 

ここでまず希望の端末を選択し、台数を入力しましょう。

端末および台数を選択する

端末および台数を選択する

 

記入出来たら、右側に「受取方法選択へ進む」というポップが出ます。それを押すか、下にスクロールしていき「受取返却方法」まで行きましょう。

 

 

受取・返却方法の選択

受取・返却方法を選択する

 

受け取り・返却方法を選択しましょう。

 

そのまま下にスクロールして、利用期間を入力します。

 

利用期間の指定

利用期間を指定する

 

利用期間を指定します。

注意点としては、返却方法によって返却日の決め方が異なります。

 

「ご利用終了日について」の内容に従って、レンタル終了日を選びましょう。

 

その他「安心補償サービス」や「オプションサービス」がありますが、こちらの選択は自由です。

不必要な場合は選択しなくても大丈夫ですので、そのまま下にスクロールして「次へ」をクリックしましょう。

 

step
2
お客様情報&カード情報の入力

まずは選択内容の確認です。

選択内容の確認

選択内容の確認

 

選択内容と請求料金の明細が出てきますので、選んだ端末と利用期間、受取・返却方法が間違っていないか確認しましょう。

 

正しければそのまま下にスクロールして、「お客様情報の入力」に進みます。

 

▼お客様情報

お客様情報

お客様情報を入力する

 

上から順番に入力していきましょう。「必須」の項目だけ埋めれば問題ありません。

 

完了したらクレジット情報の入力に進みます。

 

▼クレジット情報の入力

クレジット情報の入力

クレジット情報を入力する

 

こちらは全て必須項目なので、全て入力します。(備考は除く)

 

完了したら、「お申し込み」をクリックしましょう。これで申し込み完了です。

登録したメールアドレスに「お申し込み内容確認のメール」が来ているはずなので、メールを確認してみましょう。

 

 

WiFiレンタルどっとこむのよく聞く質問

WiFiレンタルどっとこむのよく聞く質問

 

WiFiレンタルどっとこむに関して、よく聞く質問をまとめてみました。

 

Q1.延長料金はいくら?

端末ごとに異なります。

 

延長料金は端末によって異なりますので、それぞれで確認が必要です。

 

確認方法

各端末の「詳細ページへ」ボタンを押す→レンタル料金表

レンタル料金表に日数毎の料金が記載されていますので、それが適用されます。

 

 

Q2.羽田で受け取り・返却できる?

もちろんできます!

 

羽田空港では第2・3ターミナルでWiFiの受け取り・返却ができます。

それぞれのターミナルでの情報は以下に記します。

 

▼羽田空港第2ターミナル▼

羽田空港第2ターミナル
受取・返却場所 第2ターミナル 2階 到着ロビー
申し込み期限 受取希望日の1日前 日本時間15:00まで

※2021年2月現在休業中

▼羽田空港第3ターミナル▼

羽田空港第3ターミナル
受取・返却場所 2階 到着ロビー (京急羽田空港第3ターミナル駅)
申し込み期限 受取希望日の1日前 日本時間15:00まで
営業時間 9:00〜20:00

▼羽田空港第3ターミナル JAL ABCカウンター▼

営業時間 場所
受取場所 当面の間休業 第3ターミナルビル3階 JAL ABCカウンター
返却場所 23:45〜6:30 第3ターミナルビル2階 JAL ABCカウンター

 

 

Q3.楽天からでも契約できる?

はい、できますよ!

 

楽天から契約する方が良い場合は、以下からどうぞ!

>>WiFiレンタル楽天市場店

 

 

まとめ

以上がWiFiレンタルどっとこむのまとめになります。

 

全体的にメリット・デメリットをまとめて、他社サービスと比較を行ったうえで、WiFiレンタルどっとこむは個人的にオススメできます。

 

特に豊富なメリット面は様々な方のニーズに合っているかと思いますので、サービス選びに迷ったら、WiFiレンタルどっとこむを利用してみましょう。

国内WiFiレンタル3年連続NO.1の実績は嘘ではないと分かるはずです。

 

それでは、また

-国内WiFi
-, , ,