【2021年】テレワーク用のポケットWiFiの選び方とオススメまとめ

オススメ 国内WiFi

2021/4/9

【2021年】テレワーク用のポケットWiFiの選び方とオススメまとめ

こんにちは、えーきちです。   悩む人テレワーク用にWiFiを契約したい、何を選べば良い?どう選べば良い?   こんな疑問にお答えしていきます。   この記事で分かる事 テレワーク用WiFiの選び方が分かる 自分に合ったWiFiが選べる おすすめのテレワーク用WiFiが分かる となっています。   仕事がテレワークになり、新しくインターネット環境を揃えることを余儀なくされた方も多いと思います。 とはいえ、WiFiは種類が多くて選ぶのが難しいし、工事しなければいけない ...

もっと読む

【2021年】小さめのボディバッグを探してるあなたへ、オススメはコレです。

持ち物

2021/4/9

【2021年】小さめのボディバッグを探してるあなたへ、オススメはコレです。

  こんにちは、えーきちです。 今回は「小さめのボディバッグはどれが良いのか?」について考察していきたいと思います。   ボディバッグと言えばリュックよりも小型で、かつそこそこの収納力を持つもの。 本記事を読んでいる方は、ちょっとした持ち物を運ぶのに便利な小さめのバッグを探しているかと思います。   ですので、今回の内容としては主に 小さめボディバッグのベストな選び方 オススメのボディバッグ   を紹介していきます。   オススメに関しては、小さめのボディ ...

もっと読む

【2021年】ポケットWiFiのレンタルは絶対コレがオススメ!【50社比較】

国内WiFi 海外WiFi

2021/4/9

【2021年】ポケットWiFiのレンタルは絶対コレがオススメ!【50社比較】

こんにちは、えーきちです。   悩む人WiFiをレンタルしたいけど、どれがオススメなのかな?   こんな疑問にお答えしていきます。   この記事で分かる事 国内・海外向けのオススメのレンタルWiFiが分かる 短期・長期でのオススメのレンタルWiFiが分かる 格安の無制限レンタルWiFiが分かる 契約の流れ・やり方が分かる となっています。   記事をまとめるにあたっては… 自らが利用した経験 レンタルWiFiの50社(サービス)以上を一つずつ徹底調査   ...

もっと読む

【2021年】WiFiレンタルどっとこむってどうなの?他社との比較を交えて徹底解説

国内WiFi

2021/4/9

【2021年】WiFiレンタルどっとこむってどうなの?他社との比較を交えて徹底解説

こんにちは、えーきちです。   悩む人WiFiレンタルどっとこむってよく聞くけどどうなの?他と何が違うの?   こんな内容にお答えしていきます。   この記事で分かる事 WiFiレンタルどっとこむの概要や評判が分かる WiFiレンタルどっとこむの特徴やメリット・デメリットが分かる 他のレンタルWiFiサービスとの料金の違いが分かる【比較】 オススメの機種や申し込み方法が分かる となっています。   入院や引っ越しの一時利用、テレワークでの利用などでWiFiのレンタル ...

もっと読む

カナダ

【銘柄一覧】カナダで売ってるタバコどんな種類?

タバコ

https://flying-traveler.com

こんにちは、えーきちです。

本日はタバコについてのお話です。
最近、私の友人(重度のヘビースモーカー)がタバコが切れて、買おうにも高くて買えないし、種類も少ないしで毎日イライラしてるってことがありました。(割かしどうでもいいですね)

 

事前情報ではカナダは喫煙者が少なく、友人からも「喫煙率20%弱だよ~」なんて聞いてたけど、まぁ嘘だよねって度合いで喫煙者をよく見かけますね。
街中でも歩きタバコしてる人もよく見かけるしね。

 

ですが、その割にタバコの情報ってネットでもなかなか拾えないですよね。特にどんなタバコがあるのかって、お店で直接見せてもらうくらいしか知る方法ないんじゃないかってレベル。

そこで今回、私の方でカナダの販売銘柄をまとめてみようと思います。
お店、ネット、販売機…etc

様々な方法から情報を集めましたので、カナダの喫煙者のみなさん、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

では行ってみましょう!

 

タバコの種類について

タバコと一概にいっても、Vapeから葉巻から手巻きまでいろいろあるのですが、今回は通常の完成品で売ってる紙巻きタバコIQOS(アイコス)のみを紹介していきます。

【紙巻きタバコについての補足】
現在、カナダではメンソールタバコの販売が禁止されているため、以下、紹介する紙巻きタバコのいずれもノンメンソール製品です。

 

タバコ一覧

カナダはタバコの規制が厳しく、国としても販売をあまり推奨していないのですが、実は取り扱い銘柄数は結構多くあります。

カナダ国産のタバコや外国産(主に英米)のタバコを含め、およそ30銘柄確認できています。(国の規制強化により販売中止となった銘柄もあります。)

以下はその一覧です。

銘柄 写真
Accord Accord
Avanti Avanti
Belvedere Belvedere
Belmont Belmont
Benson & Hedges Benson& Hedges
Camel Camel
Canadian Classics Canadian Classics
Craven A Craven A
Djarum Djarum
Du Maurier Du Maurier
Export A EXPORT A
Gauloises Gauloises
John Player&Sons John Player&Sons
Macdonald MACDONALD
Marlboro Marlboro
Matinee Matinee
Medallion Medallion
Nat Sherman Nat Sherman
Northfield Northfield
Number7 Number7
Pall Mall Pall Mall
Peter Jackson Peter Jackson
Rothmans Rothmans
Vantage Vantage
Viceroy Viceroy
Winston Winston

 

 

人気銘柄について

カナダでは以下のタバコ銘柄が人気の10種類となります。

① John Player&Sons
② Du Maurier
③ Marlboro
④ Macdonald
⑤ Pall Mall
⑥ Peter Jackson
⑦ Benson & Hedges
⑧ Viceroy
⑨ Rothman’s
⑩ Belevedere

以下は各人気銘柄の補足になります。

① John Player&Sons

元は「プレイヤーズ」として知られていたブランド。イギリスのノッティンガムで製造されていた外国産たばこです。

現在ではインペリアルタバコカナダ(グループ)で製造されています。

 

② Du Maurier

カナダブランドのタバコ。
プレイヤーズと同様にインペリアルタバコカナダで製造されています。

このブランド名は英国の有名俳優ジェラルド・デュ・モーリエ卿に由来しています。

 

③ Marlboro

言わずもがなの有名タバコ。
インペリアルタバコカナダが製造しています。

商標の関係上、表の写真のようにデザインが通常のMarlboroと異なるんです。

ただし米フィリップモリスも販売をしており、こちらの場合は世界中で使用されているデザインに、名前を変えて販売しています。

Matador
こちらがフィリップモリスのMarlboro。名前が異なります。

 

④ Macdonald

カナダブランドのタバコ。
150年以上の歴史を持つタバコ会社で、今もカナディアンに愛され続けている銘柄の一つとなっています。

 

⑤ Pall Mall

会社の歴史は古く、日本でもおなじみのPall Mallですが、カナダで人気を博すようになったのは比較的最近で2004年頃からと言われています。

現在ではその安さもあり、カナダでの人気銘柄の一つとなっております。

 

⑥ Peter Jackson

インペリアルタバコカナダで製造されていましたが、現在ではメキシコで生産され、カナダに出荷しています。

ちなみにオーストラリアでは、この銘柄がお店で一番売られています。

 

⑦ Benson & Hedges

外国産タバコ。
現在カナダでは、米フィリップモリスによって製造・販売がされています。

 

⑧ Viceroy

外国産タバコ。
低価格ブランドとして販売されており、カナディアンには古くから愛されているブランドの一つです。

 

⑨ Rothman

外国産ブランド
1890年代にロスマンにより立ち上げられたブランドです。

 

⑩ Belvedere

カナダブランドのタバコ。

現在では、RBH社(Rothmans, Benson & Hedges Inc.)により製造・販売されています。

 

タバコの価格について

カナダのタバコは日本に比べて非常に割高です。

価格も10~20CADと幅が広く、かつ購入地域によっても同ブランドでも価格が異なるので、店頭にて確認が必要です。

お店によってはディスカウントも可能なようです。

買える場所について

購入可能なお店は日本とあまり変わりません。

コンビニやドラッグストア、タバコ屋、タバコの自動販売機などです。(自動販売機は街中にはほとんどありません。)

 

IQOS(アイコス)の種類について

IQOS
日本で爆発的な人気を誇るIQOS(アイコス)ですが、カナダでも買うことが出来ます。

 

IQOS(アイコス)の種類に関して、日本とは異なりこちらでは「HEETS」という銘柄が販売されています。

※サンプル画像
HEETS

日本以外のIQOS(アイコス)流通国ではほとんどがHEETSなので、世界的に見ると、IQOS(アイコス)のスティックはHEETSが主流です。
※ちなみに味はあまり大差ありません。

また、カナダのHEETSは全部で5種類あります。

以下がその5種類になります。

① TEAK

茶色のパッケージのIQOS(アイコス)です。

各パッケージにはテーマ?があるのですが、こちらは「Rich and warm」です。

TEAkはココアとドライフルーツのアロマをブレンドした、まろやかな味わいが特徴です。

また、カナダのIQOS(アイコス)公式が出している味わい評価が以下です。

評価
アロマ 5
ボディ 3
味わい 4

アロマは香り、ボディは喫味の強さ、味わいはテーマ毎の味わい深さを表わしてるのではないかと思います。

 

② RED/ELM

赤色のパッケージのIQOS(アイコス)です。

この種類のテーマは「Balanced and woody」です。

RED/ELMはバランスの取れた味わいと言われています。かすかなアロマと森の中にいるかのような香りが特徴です。

カナダのIQOS(アイコス)公式が出している、この種類の味わい評価は以下です。

評価
アロマ 3
ボディ 4
味わい 4

 

③ OAK

オレンジ色のパッケージのIQOS(アイコス)です。

この種類のテーマは「Balanced and roasted」です。

OAKはRED/ELMと似ており、こちらもバランスの取れた味わいと言われています。かすかなアロマと木の実の香りが特徴です。

カナダのIQOS(アイコス)公式が出している、この種類の味わい評価は以下です。

評価
アロマ 4
ボディ 3
味わい 3

 

④ CYPRESS

黄色のパッケージのIQOS(アイコス)です。

この種類のテーマは「Mild and zesty」です。

CYPRESSはヒノキがテーマで、発泡性のピリッとしたアロマの香りが特徴です。

カナダのIQOS(アイコス)公式が出している、この種類の味わい評価は以下です。

評価
アロマ 5
ボディ 2
味わい 3

 

⑤ SILVER/BIRCH

銀色のパッケージのIQOS(アイコス)です。

この種類のテーマは「Refined and toasted」です。

SILVER/BIRCHはゆっくりと精製された葉を使った、バランスが取れているタバコです。
他の種類に比べて、喫味が軽いのが特徴です。

カナダのIQOS(アイコス)公式が出している、この種類の味わい評価は以下です。

評価
アロマ 2
ボディ 2
味わい 2

 

IQOS(アイコス)メンソールに関して

カナダのIQOS(アイコス)にはメンソール系の種類の物はありません
厳密に言えば以前はあったのですが、2018年5月より販売が禁止されました

ですので、メンソールはタバコ・IQOS(アイコス)共にカナダで買うことはできません

メンソールを好まれる方は、日本からの持参もしくはアメリカへ購入に向かうのが良いでしょう。

 

価格について

1カートン約100CADで購入可能です。

1点注意点があり、IQOS(アイコス)の1カートンは8パック入りです。
1パックあたり約12.5CAD。 充分に高いですね…

本体に関しては、正規店では約50CADで購入可能です。日本よりも安いですね。(20CAD前後で購入可能な店もあるとかないとか…)

 

買える場所について

スティックに関しては基本的には紙巻きタバコと同様に、様々な場所で買うことが出来ます。

IQOS(アイコス)本体につきましては、カナダ各地に正規IQOS(アイコス)取扱店であるので、そちらで購入することが可能です。

ちなみにバンクーバーの場合ですと…

【IQOS Boutique Vancouver】
住所:89 Smithe St, Vancouver, BC V6B 1C4

ここで売ってます。

 

安く絶煙促進「ニコレス(NICOLESS)」持ち込みがオススメ

ニコレス
ここまで見て頂いた通り、カナダはタバコの値段が非常に高いです。

日本で吸っているのと同じペースで吸っていてはお金がいくらあっても足りません。

カナダ渡航を機会に止めてしまうのがベストですが、その強力な助っ人が「ニコレス(NICOLESS)」です。

 

ニコレスとは?

加熱式タバコを利用するデバイスで使用可能なヒートスティックタイプのタバコ。「ニコチンゼロ」が特徴

加熱式タバコの登場以来、様々な種類のタバコが発売されましたが、ついに出てきたのが「ニコチンゼロ」のタバコ「ニコレス」です。

 

つまり依存性のないタバコがニコレスです。

 

厳密に言えばたばこ葉を使用していないのでタバコではないですが、イメージとしてはIQOSのニコチンがないタイプと思っていただければ良いでしょう。

ニコレス

ニコレス

 

特徴としては以下が挙げられます。

  • ニコチンゼロ
  • メンソールあり
  • 吸い応え抜群
  • リピーター8割
  • 1箱410円
  • 年間100万箱以上の販売実績
  • 茶葉を使用したタバコ
  • IQOS・加熱式デバイスで使用可能

タバコを吸う方で「カナダで値段高いなら止めたい」「少しでも本数を減らしたい」という方はいませんか?

また、IQOSを利用する方でも「少しでもタバコを減らしたい」「タバコを辞めたい」という方や「プルームテックやgloでは満足できない」という方はいませんか?

そういった方々には特にオススメです。

 

ニコレスはニコチンゼロで、かつ吸い応えがしっかりあります。吸い応えの感覚としてはIQOSとほぼ変わりません。個人的にミントに関してはIQOS以上だと感じます。

また、カナダでは売っていないメンソール系なので、メンソールタバコを吸う方には嬉しいタバコです。

さらに料金が1箱400円と、タバコやIQOSよりもおよそ100円程安いので、禁煙・減煙には効果抜群です。

タバコの合間にニコチンゼロのニコレスを挟むだけで減煙になりますし、これが続けば気付けば絶煙となることも難しくありません。

 

これを良い機会と考えている方は、まずはぜひ試してみてください。

 

タバコに近いのをお探しなら「ccobato(コバト)」がオススメ

すでにニコレスを試した経験があり、「あまり合わないな」「もっとタバコっぽさが欲しいな」と感じた方は、これ「コバト」がオススメです。

コバトはニコレスの弱点を補ったヒートスティックタイプのタバコです。

 

コバトとは?

ニコレス同様のヒートスティックタイプのタバコ。「ニコチンゼロ」が特徴

ニコレスの後を追うように販売されたのが「コバト」です。ニコレス同様に依存性はゼロ。

 

特徴としては以下が挙げられます。

  • ニコチンゼロ
  • メンソールあり
  • 吸い応え最強
  • リピーター8割
  • 1箱418円
  • 吸いごたえがタバコに近い
  • 茶葉を使用したタバコ
  • IQOS・加熱式デバイスで使用可能

 

IQOSを吸っていた方ならお分かりかと思いますが、IQOSはタバコに比べて吸いごたえが弱いのが一つの弱点です。

スティックタイプのタバコはニコレスも同様で、どうしてもタバコと比べると弱く感じて結局タバコに戻ってしまった方もいるかと思います。

 

そういった弱点を払拭したのが「コバト」です。喫味が強いのがコバト一番の強みと言えるでしょう。

 

ニコチンゼロとは思えない吸いごたえで気に入りました。

本物のタバコ感があり違和感がないです。メンソール感も良好。

 

タバコからスムーズに移行しやすいヒートスティックタバコと言えます。

  1. しっかり吸いごたえある。
  2. 1箱400円ほど
  3. ニコチンゼロなので、辞められるかもしれない

ここまで条件が揃っているので、タバコ感が少なくてIQOSやニコレスを辞めてしまった方にはオススメ。

まずは一度試してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カナダでは紙巻きタバコもIQOS(アイコス)も高いですが、日本同様に様々な場所で購入は可能です。

タバコ代もバカにならないので、最初はニコレスで減煙をしつつタバコを吸っていくのがストレスもなくて良いと思います。

ではまた!

-カナダ
-, , ,

© 2021 全世界を周れ! 一生旅人生活 Powered by AFFINGER5