【2021年】テレワーク用のポケットWiFiの選び方とオススメまとめ

オススメ 国内WiFi

2021/4/9

【2021年】テレワーク用のポケットWiFiの選び方とオススメまとめ

こんにちは、えーきちです。   悩む人テレワーク用にWiFiを契約したい、何を選べば良い?どう選べば良い?   こんな疑問にお答えしていきます。   この記事で分かる事 テレワーク用WiFiの選び方が分かる 自分に合ったWiFiが選べる おすすめのテレワーク用WiFiが分かる となっています。   仕事がテレワークになり、新しくインターネット環境を揃えることを余儀なくされた方も多いと思います。 とはいえ、WiFiは種類が多くて選ぶのが難しいし、工事しなければいけない ...

もっと読む

【2021年】小さめのボディバッグを探してるあなたへ、オススメはコレです。

持ち物

2021/4/9

【2021年】小さめのボディバッグを探してるあなたへ、オススメはコレです。

  こんにちは、えーきちです。 今回は「小さめのボディバッグはどれが良いのか?」について考察していきたいと思います。   ボディバッグと言えばリュックよりも小型で、かつそこそこの収納力を持つもの。 本記事を読んでいる方は、ちょっとした持ち物を運ぶのに便利な小さめのバッグを探しているかと思います。   ですので、今回の内容としては主に 小さめボディバッグのベストな選び方 オススメのボディバッグ   を紹介していきます。   オススメに関しては、小さめのボディ ...

もっと読む

【2021年】ポケットWiFiのレンタルは絶対コレがオススメ!【50社比較】

国内WiFi 海外WiFi

2021/4/9

【2021年】ポケットWiFiのレンタルは絶対コレがオススメ!【50社比較】

こんにちは、えーきちです。   悩む人WiFiをレンタルしたいけど、どれがオススメなのかな?   こんな疑問にお答えしていきます。   この記事で分かる事 国内・海外向けのオススメのレンタルWiFiが分かる 短期・長期でのオススメのレンタルWiFiが分かる 格安の無制限レンタルWiFiが分かる 契約の流れ・やり方が分かる となっています。   記事をまとめるにあたっては… 自らが利用した経験 レンタルWiFiの50社(サービス)以上を一つずつ徹底調査   ...

もっと読む

【2021年】WiFiレンタルどっとこむってどうなの?他社との比較を交えて徹底解説

国内WiFi

2021/4/9

【2021年】WiFiレンタルどっとこむってどうなの?他社との比較を交えて徹底解説

こんにちは、えーきちです。   悩む人WiFiレンタルどっとこむってよく聞くけどどうなの?他と何が違うの?   こんな内容にお答えしていきます。   この記事で分かる事 WiFiレンタルどっとこむの概要や評判が分かる WiFiレンタルどっとこむの特徴やメリット・デメリットが分かる 他のレンタルWiFiサービスとの料金の違いが分かる【比較】 オススメの機種や申し込み方法が分かる となっています。   入院や引っ越しの一時利用、テレワークでの利用などでWiFiのレンタル ...

もっと読む

サンクリストバル・デ・ラス・カサス

ゲリラ組織サパティスタ民族解放軍まとめ

サパティスタ

https://flying-traveler.com

こんにちは、えーきちです。

今回はチアパス州と関係の深いゲリラ組織、サパティスタについてをまとめていきます。

現代型左翼とも言われるこの組織について、これまでの歴史を振り返りながらまとめていきますので、興味のある方やサンクリストバル・デ・ラス・カサスから訪問予定の方などは、ぜひチェックしてみてください。

サパティスタとは

EZLN
メキシコ政府との武力紛争のために立ち上がった、チアパス州を中心とした原住民族の集団のことです。

サパティスタ民族解放軍(EZLN)とも呼ばれています。

自由主義を掲げ、メキシコ政府と対立をし続けるゲリラ集団であり、1994年にメキシコがアメリカとの自由貿易開始において、アメリカ産の安いトウモロコシや農産物の流入による失業や貧困化、さらに原住民族に対しての差別に反対して、武装蜂起をしました。

その名はメキシコ戦争時の革命家エミリアーノ・サパタから冠しており、その思想を受け継いでいます。

先頭指揮および広報を行うマルコス副司令官のもと、グループメンバーの構成は主に農村民ですが、国際的に彼らの支援を行うパトロンがいるので、現在も活動が続けられています。

 

歴史や背景

歴史や背景
1994年1月1日に武力蜂起し、2日間のみ武力闘争を起こしました。
その後はインターネットから世界へ状況発信を行い、世界から共感を得る形でメキシコ政府への反抗としています。

状況発信の影響もあり政府軍の攻撃に反対するデモがメキシコ各地で起こり、1月12日には大統領によって停戦が宣言されます。

これほどまでにサパティスタが世論に受け入れられたのには、メキシコ政府の独裁的振る舞いや恣意的な原住民差別よりもサパティスタの掲げる、農民の生活水準の向上のための民主主義化が支持されたことが理由と考えられています。

また闘争において、劣悪な武力で戦う武装先住民(戦闘員約:3,000人)を空爆で対抗する政府軍(戦闘員約30,000人)が、弱者いじめのような圧倒的武力や権力で黙らせるような構図に映ったのが要因とも考えられています。

こうした背景もあり、彼らは左翼の英雄となり、世界中の原住民族グループやロマン主義者に影響を与えることとなります。

 

現在の様子

今の様子
1994年に少数の農民により反政府勢力として武装蜂起したサパティスタですが、現在では30万人規模となっています。

後援グループのあらゆる面での支援もあり、当時から医者や教師なども養成されており、病院、教育、社会制度などが、彼ら独自で制度を確立できている状態にまでなっています。

もはや自治体と化しているため、サパティスタの人民は国家管轄の制度や支援、道徳などを必要とはしておらず、一部では彼ら独自の通貨も流通しています。

上記に述べていた通り、これほどまでに発展できた理由としては国内外からの支持が大きいです。

これまでに様々な支援組織が上記以外にも、インターネット技術や、資金援助、教育援助などを行ってきました。

武力闘争の際に、劣悪な武力でしか戦うことができなかった彼らがここまで独立を果たせるようになった要因の主は、インターネットを駆使しての国内外の支援者を集めることが功を奏したからでしょう。

現在でも、政府との対抗・交渉は続けられている中で、サパティスタの活動はインターネットを通じて広く発信されています。

近年では、サパティスタの村の生活や状況、様式を教える期間限定の学校や講義のような活動も定期的にインターネットを通じて行われています。

 

サパティスタの拠点を見に行く方法

サパティスタへの行き方
実は一般の観光客でも気軽にサパティスタの活動拠点に行くことができます。

サンクリストバル・デ・ラス・カサスから行く場合は、一番近くて観光客の受け入れを許可している村の一つ、オベンティックへ見学に行くことになります。

入場の際には、名前、国籍、職業、目的を記録し確認が取られます。

 

オベンティックへの行き方

下記住所よりオベンティック行きのタクシーおよびコレクティボが出ています。

コレクティボの関しては、毎度おなじみの人が集まるまで出発しないスタイルです。

【オベンティック行き乗り場】

【料金】30ペソ(日本円:約150円)

 

まとめ

以上、サパティスタのまとめになります。

ゲリラと聞くと、一般人も巻き込まれかねない少し恐ろしいようなイメージですが、サパティスタは一般観光客も受け入れる世界でも数少ないゲリラ集団です。

彼らの日常生活を知る良い機会ですし、他の場所では体験できないことですので、サンクリストバル・デ・ラス・カサスに滞在されている方は、ぜひ、行ってみてください。

また、以下ではサンクリストバル・デ・ラス・カサスについて、オススメ観光スポットオススメ宿情報などをまとめています。併せてご参照ください。

こちらもCHECK

サンクリ
【完全版】サン・クリストバル・デ・ラス・カサスまとめ

続きを見る

それでは、また。

-サンクリストバル・デ・ラス・カサス
-, ,

© 2021 全世界を周れ! 一生旅人生活 Powered by AFFINGER5